原神

ディルック衣装「レッドデッド・オブ・ナイト」追加ボイス付き(コスチューム)【Genshin Impact】【原神】

▪衣装:レッドデッド・オブ・ナイト

レッドデッド・オブ・ナイト
レッドデッド・オブ・ナイト

キャラ:ディルック

ディルック
ディルック
  • キャラ:ディルック
  • 武器:両手剣
  • 元素:炎元素
  • ステータス:会心率
  • 出身:モンド

公式コスチュームPV

テイワットスタイル・コスチュームPV 「夜の帳はシルエットを映し出す」

夜の帳はシルエットを映し出す

暗き夜の帳の下で、微かに煌めく光がある。
あれは戦士の剣の刃に燃える炎だろうか?それとも、皇女のドレスの裾に揺らめく星々だろうか?
あるいは、そのどちらでもないかもしれない。あの閃きは、ただ日々の夜明けが訪れる前兆に過ぎないのだ。

レッドデッド・オブ・ナイト

レッドデッド・オブ・ナイト
レッドデッド・オブ・ナイト

武器装備

武器装備

聖遺物

聖遺物
聖遺物

プロフィール

プロフィール
プロフィール

天賦

天賦
天賦

通常攻撃・百煉の剣

通常攻撃

通常攻撃
最大4段の連続攻撃を行う。

通常攻撃

重撃
持続的にスタミナを消費し、素早い連続斬撃を発動する。
重撃が終了した時に、更に強力な攻撃を1回放つ。

重撃

スキル・逆焔の刃

逆焔の刃

逆焔の刃
前方に向かって大剣を振り、炎元素ダメージを与える。

最大連続で3回使用可能。
短時間内に連続で使用しなかった場合、クールタイムに入る。

斬撃はそれぞれ、ディルックの持つ正義、勇気、そして責任を象徴している。

逆焔の刃

元素爆発・黎明

黎明

黎明
烈焔の力を爆発させ、周囲の敵をノックバックし、炎元素ダメージを与える。その後、烈焔を大剣に集め、前方に飛行する炎の鳥を出し、経路上の敵に大量の炎元素ダメージを与える。炎の鳥は進行経路の終着点で爆発し、大量の炎元素範囲ダメージを与える。
武器に凝集した烈焔により、ディルックは炎元素付与状態を獲得する。

暗闇を歩くのは、光を求めるため。夜に輝く炎の光は、黎明の証である。

▪追加ボイス:暁よ–ここに!

黎明

元素爆発・炎元素ダメージ

▪追加ボイス:烈炎–一切を燃尽せよ!

黎明
ノンストップ
ノンストップ
溶融の翼
溶融の翼
アカツキの伝統
アカツキの伝統

・ノンストップ
重撃のスタミナ消費-50%、最大継続時間+3秒。

・溶融の翼
黎明による炎元素付与状態の継続時間+4秒、さらに効果継続中にディルックの与える炎元素ダメージ+20%。

・アカツキの伝統
両手剣を鍛造する時、消費した鉱石の15%が返還される。

突破素材|天賦素材

・常燃の火種ドロップボス:爆炎樹

爆炎樹
爆炎樹
常燃の火種
常燃の火種
  • 生物誌:異種の魔獣
  • ドロップ:常燃の火種
  • ドロップ:炎願のアゲート

レベル上限突破素材

Lv.20~Lv.40

イグサ
3
新兵の記章
3
1

Lv.40~Lv.50

イグサ
10
新兵の記章
15
常燃の火種
2
炎願のアゲート·欠片
3

Lv.50~Lv.60

イグサ
20
士官の記章
12
常燃の火種
4
炎願のアゲート·欠片
6

Lv.60~Lv.70

イグサ
30
士官の記章
18
常燃の火種
8
炎願のアゲート·塊
3

Lv.70~Lv.80

イグサ
45
尉官の記章
12
常燃の火種
12
炎願のアゲート·塊
6

Lv.80~Lv.90

イグサ
60
尉官の記章
24
常燃の火種
20
炎願のアゲート
6

Lv.1~Lv.MAX

・Lv.1~Lv.90までレベル上限突破素材まとめ

イグサ
168
モラ
2,092,530
419
1
炎願のアゲート·欠片
9
炎願のアゲート·塊
9
炎願のアゲート
6
新兵の記章
18
士官の記章
66
尉官の記章
93
常燃の火種
46

天賦突破素材

・東風の羽根ドロップボス:トワリン

トワリン
トワリン
東風の羽根
東風の羽根
  • 生物誌:魔龍
  • ドロップ:東風の羽根
  • ドロップ:自由のターコイズ

Lv.2

新兵の記章
6
「抗争」の教え
3

Lv.3

士官の記章
3
「抗争」の導き
2

Lv.4

士官の記章
4
「抗争」の導き
4

Lv.5

士官の記章
5
「抗争」の導き
5

Lv.6

士官の記章
9
「抗争」の導き
9

Lv.7

尉官の記章
4
4
東風の羽根
1

Lv.8

尉官の記章
6
「抗争」の哲学
12
東風の羽根
1

Lv.9

尉官の記章
9
「抗争」の哲学
12
東風の羽根
2

Lv.10

尉官の記章
12
「抗争」の哲学
16
東風の羽根
2
1

Lv.1~Lv.MAX

・Lv.1~Lv.10まで天賦上限突破素材まとめ

モラ
4,957,500
新兵の記章
18
士官の記章
66
尉官の記章
93
東風の羽根
18
「抗争」の教え
9
「抗争」の導き
63
「抗争」の哲学
114
知恵の冠
3

衣装特典追加ボイス

世間話

世間話

元素スキル

元素スキル

元素爆発

元素爆発

ボイス

プロフィール/ボイス
プロフィール/ボイス

初めまして…

初めまして…

モンドのディルック、約束通り参上。無駄話ならご遠慮願いたい。何か大事をなそうとしているなら興味はある。

世間話

世間話·リラックス

たまにはノンビリするのも悪くないな。

世間話·騎士団

騎士団のやつらに相手をさせるべきだな。

世間話·仕事

組合会には、まだ仕事が残っているんだ。君は休むといい。僕は仕事に戻ろう。

あいさつ

おやすみ…

うん、また今度。最後まで見送らせてもらうよ。

こんにちは…

裏メニューを試してみたいのか?

こんばんは…

夜が来た。

おはよう…

挨拶はよそう。昨夜は無事でよかった。

〇〇について

ファルカについて…


大団長ファルカ、彼の立場は理解できるが、彼のやり方は認められない。いや…言い過ぎたな、僕はとうに西風騎士団ではない。忘れてくれ。

証明について…

君はもう自分の決意を証明してくれたよ。じゃあ、今度は僕の意志を見てもらおう

需要について…

用があるなら言えよ。費用精算についてはエルザーに聞いてくれ。

「神の目」について…

目の前の道が見えない人にとって、「神の目」は神へのしるべになる。だが、信仰心を抱く者にとって、それは単なる飾りに過ぎない。

興味のあること…

……フクロウだよ。暗闇の中で目を輝かせ、周りを観察する猛禽。最善のタイミングでのみ行動を起こし、絶対に失敗をしない。

仲間について

モナについて…

モンドの土地には風神の恵みがある。だから、占星術師による収穫予測はいらないと思うが。

リサについて…

リサは騎士団で最も頼りになる人物の一人だよ。彼女がその気になればの話だけどね。

ガイアについて…

ガイアか……。あの男の言うことは半分しか信用できないんだ。

ジンについて·責任

彼女の誰にも勝る責任感は、かえって彼女自身の本当の役割を分からなくさせている。

ジンについて·敵

無意味な雑事はジンの最大の敵だ。

ディオナについて…

ディオナは僕に堅い態度を取る、それに僕自身も彼女と交流する機会に恵まれてこなかった。家族の恨みが…ん?違う?単に酒が嫌いだと?このモンドに酒の嫌いなバーテンダーがいるとはな。

天候

暴風の日…

吹きすさぶ風の音は犯罪の痕跡を隠すのに使われるだろう。

晴れの日…

自分の道を信じてさえいれば、天気が晴れか雨かなんてどうでもいいんだよ。

雨の日·傘

僕に傘は不要だ。君は好きにすればいい。

雨の日·浄化

雨か。残念ながらあの者たちの穢れた心までは綺麗にできないだろうな。

ディルックを知る

ディルック自身について…

「闇夜の英雄」の伝説?面白い噂だね。

ディルックの悩み…

本当に倒すべき敵、罪を育む「闇」自身は、剣以外の方法で断ち切らなければいけない……

ディルックを知る·1

何かご用かな?

ディルックを知る·2

うん、騎士団のことか?フン…言うことはないな、目指す先が違うだけだ。

ディルックを知る·3

執事以外の人とチェスをする機会はそうそうないんだ。せっかく時間があるんだ、一局どうかな。

ディルックを知る·4

チェックメイト。……だけど、僕をここまで追い詰めるなんて、大したものだよ。

ディルックを知る·5

君、なかなかやるな。チェスでも戦闘でも、いつも僕に驚きをもたらしてくれる。…うん…こんな協力関係は僕にとって新鮮で珍しい…では、今後も共に行こう、「我が友」よ。

シェアしたいこと…

僕は時々「エンジェルズシェア」に行って自分でカクテルを作るんだ。酒場は…情報が集まる場所だからね。

好きな食べ物…

僕のグラスの中身が何の酒かって?ただのブドウジュースだよ。僕はいつもこれを飲むんだ。

嫌いな食べ物…

僕はお酒が嫌いなんだ。いや…はぁ、酒の味が好きじゃないんだ。

ディルックの趣味…

ウチの別邸にある芸術品?あれは僕の物じゃない。亡き父が趣味で集めていた物さ。

突破について

突破した感想·結

罪を消すために、僕はひとりで長い夜を歩かなければならないと思っていた。
しかし君のおかげで、僕はまた間違っていたと気付けた。礼を言うよ、「我が友」よ。

突破した感想·承

この先に何があるかなんて、あまり考えないんだ。
たとえ、誰が僕の前に立ちはだかろうとも、僕は前へ進まなければならないから。

突破した感想·転

力が強くなった…だがまだ足りない、これだけでは力の探求に過ぎない。
「黎明」が訪れる前に、「暗闇」を照らす人が必要なんだ…

突破した感想·起

目標を達成するために、力が必要だ。

命ノ星座

命ノ星座アンロック
アンロック

・一凸 罪の裁断
HPが50%を超えている敵に対して、ディルックの与えるダメージ+15%。

罪の裁断
罪の裁断

・二凸 灼熱余燼
ディルックがダメージを受けると、攻撃力+10%、攻撃速度+5%、継続時間10秒。
最大3重まで。1.5秒毎に1回のみ発動可能。

灼熱余燼
灼熱余燼

・三凸 鋼鉄の熾焔
逆焔の刃のスキルLv.+3。
最大Lv.15まで。

鋼鉄の熾焔
鋼鉄の熾焔

・四凸 流火焼灼
逆焔の刃を一定の時間間隔で発動すると、ダメージが大幅にアップする。
逆焔の刃発動2秒後、次の逆焔の刃のダメージ+40%、継続時間2秒。

流火焼灼
流火焼灼

・五凸 朝を告げる炎の鳥
黎明のスキルLv.+3。
最大Lv.15まで。

朝を告げる炎の鳥
朝を告げる炎の鳥

・六凸 闇を清算する炎の剣
逆焔の刃発動後、6秒以内の2回の通常攻撃の攻撃速度+30%、攻撃ダメージ+30%。
逆焔の刃によって通常攻撃のコンボ数がリセットされることはなくなる。

闇を清算する炎の剣
闇を清算する炎の剣

元素共鳴

炎元素共鳴
炎元素共鳴

炎キャラ2体

氷元素付着の効果継続時間-40%。
・攻撃力+25%。

武器:オススメ

ディルック
ディルック
狼の末路

ディルックにオススメ武器ナンバー

ナンバー1
ナンバー1
狼の末路
狼の末路

狼の末路

突破前攻撃力:608
攻撃力パーセンテージ:49.6%

攻撃力+20%/25%/30%/35%/40%。HPが30%以下の敵に命中すると、チーム全員の攻撃力+40%/50%/60%/70%/80%、継続時間12秒。30秒に1回のみ発動可能。

ナンバー2
ナンバー2
黒岩の斬刀
黒岩の斬刀

黒岩の斬刀

突破前攻撃力:510
会心ダメージ:55.1%

敵を倒した後、攻撃力+12%/15%/18%/21%/24%、継続時間30秒。最大3重まで、継続時間は加算されず、重ごとに別カウントされる。

ナンバー3
ナンバー3
螭龍の剣
螭龍の剣

螭龍の剣

突破前攻撃力:510
会心率:27.6%

フィールドにいる時、4秒毎に、与えるダメージ+6%/7%/8%/9%/10%、被ダメージ+3%/2.7%/2.4%/2.2%/2%。最大5重まで、退場後もリセットされず、攻撃を受けると効果数-1。

聖遺物:オススメ

ナンバー1
ナンバー1
燃え盛る炎の魔女
燃え盛る炎の魔女

燃え盛る炎の魔女4点セット

2セット:炎元素ダメージ+15%。

4セット:過負荷、燃焼、烈開花反応によるダメージ+40%。蒸発、溶解反応による加算効果+15%。元素スキルを発動した10秒間、2セットの効果+50%、最大3重まで。

ナンバー2
ナンバー2
燃え盛る炎の魔女
燃え盛る炎の魔女
剣闘士のフィナーレ
剣闘士のフィナーレ

燃え盛る炎の魔女&剣闘士のフィナーレ

2セット:炎元素ダメージ+15%。

2セット:攻撃力+18%。

ナンバー3
ナンバー3
辰砂往生録
辰砂往生録
来歆の余響
来歆の余響

辰砂往生録&来歆の余響

2セット:攻撃力+18%。

2セット:攻撃力+18%。

七聖召喚キャラカード

ディルック
ディルック

ディルックのデッキは「ディルック」の天賦「流火焼灼」を中心に構成されいて、各種カードの支援により、「ディルック」は1ラウンドで複数回「元素スキル」を発動できる。

【ディルック】七聖召喚キャラカード(Wiki)
【ディルック】七聖召喚キャラカード(Wiki)ディルックのデッキは「ディルック」の天賦「流火焼灼」を中心に構成されている。各種カードの支援により、「ディルック」は1ラウンドで複数回「元素スキル」を発動できる。...

自身の育成記録

ディルック
ディルック
狼の末路
狼の末路
燃え盛る炎の魔女
燃え盛る炎の魔女

旦那サポートPT

YouTube

▪パーティ編成:ディルック蒸発パーティ

ディルック蒸発パーティ
ディルック蒸発パーティ
セノ超開花パーティ 旦那蒸発パーティ
【原神】セノ超開花パーティ 旦那蒸発パーティ 深境螺旋12層攻略 Genshin Impact 4K (げんしん)アタッカー:セノ サブアタッカー:フィッシュル サブアタッカー:ナヒーダ ヒーラー:珊瑚宮心海 サブアタッカー:夜蘭 アタッカー:ディルック サブアタッカー:行秋 サポーター:ベネット...

ストーリー

プロフィール/ストーリー

プロフィール
キャラクター詳細 詩と酒の城として、モンドの造酒業は全大陸に名を馳せていた。
「アカツキワイナリー」のオーナーであるディルックは、モンドの造酒業の半数を握っている。それはつまり、金の流通と酒場に流れる情報も握っているということだ。
ある意味、彼はモンドの無冠の王と言えるかもしれない。
キャラクターストーリー1 モンドの空気は常に酒の香りが漂っている。
その香りの源を辿るとディルックの「アカツキワイナリー」に行きつく。
木でできた看板には、ワイナリーの名前が書かれており、その下に小さく「始まりから終わりまで忘れない」と書かれている。
人々はこの言葉を、ワイナリーの酒は最初から最後まで美味しい、まるで朝日の光のように希望に満ちていると解釈している。
そして、実務に励む西風騎士たちはそれを見て、ワイナリーとモンドが助け合った歴史を思い出す。
ワイナリーでは時折、パーティーが開催される。そして酒が進むにつれ、未だ独身の貴公子に、娘を紹介しようとする人も少なくないが、その多くは周りにからかわれるだけだった。
「ディルック様が仕事と結婚したおかげで、我々は美味い酒が飲めるんだ!」
相手が誰であろうと、どのような用件であろうと、ディルックの対応はいつも完璧だ。
色々な意味で、ディルックは完全無欠な紳士である。
キャラクターストーリー2 ディルックは、過去を口にすることを嫌う。
「もしディルック様が、まだ騎士団にいたらいいのにな」
ベテラン騎士は酔っぱらうと、時にそう嘆いてしまう。
それはかなり昔のことだ。ディルックの父親、ワイナリーの先代オーナークリプスは、息子にモンドを守る騎士になってほしいと願っていた。
父親の願いを叶えるべく、ディルックはラグヴィンド家の家訓の元、自分を厳しく鍛えた。騎士団の試練を通過し、モンドを守ると誓いを立て、ディルックは騎士となった。そして、最年少の騎兵隊隊長として抜擢される。
数え切れないほどの任務と見回りの中で、モンドの人々はこの情熱に満ちた騎兵隊長ディルックのことを知った。
どんなに大変な任務でも、騎士の気概と熱意は色あせない。どんなに難しい挑戦を前にしても、鋭い剣のように最前線で活躍する。仲間と民衆の笑顔と称賛は、赤髪の少年の決意をより固くした。
しかし、最も大切なのはやはり——
「よくやった。さすが私の子だ」
父親の褒め言葉は、ディルックの胸に炎を灯すように、彼に前進する力をくれた。
「信念」は彼の心の中で熱く燃え続ける。
——あの時のディルックはそのような少年だった。
キャラクターストーリー3 「人生は、時に一瞬で変わる。」
ディルックの騎士人生は、父親のその言葉によって終わりを告げた。
あの日、恐ろしい魔物が彼と父親の馬車を襲った。
あまりにも突然で、西風騎士団に連絡する余裕すらなかった。そして、強大過ぎる魔物を前にして、若き騎兵隊隊長はなす術がなかった。
この遭遇戦の結末は、ディルックの予想を超えた——神に認められなかった父親が、騎士になれなかった父親が、見たことのない不吉な力を操り、魔物を倒した。そしてその後、彼は邪な力の反動により、ディルックの腕の中で死んでしまった。
悲しみと疑惑を抱え、西風騎士団に戻ったディルックが、当時の督察長から受けたのは「真実を隠せ」という命令だった。
騎士団の名誉を守るため、父親の死は「不幸な事故」として発表しなければならないと。
この馬鹿げた命令を聞いた時、ディルックは弁解しようとすら思わなかった。
世界は信念のある人を裏切らないと、父親は言った。
しかし、それならなぜ、自分の信念は西風騎士団にとって何の価値もないのか?そして父親は…最期、「信念」をどう捉えたのだろうか?
ディルックは「神の目」を含めた全てのものを捨て、騎士団を辞めた。
彼は父親の仇を取り、そして、父親が使ったあの邪な力が、一体どこから来たのかを究明すると誓った。
キャラクターストーリー4 騎士の肩書きと「神の目」を捨てた後、ディルックはワイナリーの業務をメイド長に任せ、一人でモンドを出た。七国を巡る旅の中で、ディルックは自身の求める秘密に徐々に近づいた。
全ての手がかりは「ファデュイ」——巨獣のような大組織に繋がっている。彼らは「神の目」の模造品「邪眼」を密かに作り出した。それは、使い手を侵食するものであり、父親を殺した元凶でもある。
父がこんなものを探し求めたのは、正義を貫く力を手に入れたかったからだろうか?
今となっては、ディルックにそれを知るすべはない。しかし真実を全て知る前に、退きたくはなかった。
荒野で生きる鷹のように、ディルックは殺戮と狩りの旅を続けた。数え切れないほどの戦いの中で、体が傷だらけになっても、彼の気持ちが揺らぐことはなかった。そして、彼の実力も戦いの中で磨かれ続けた。
しかし「ファデュイ」の11人の執行官も只者ではない。ディルックが何度もファデュイの拠点を破壊した後、執行官が彼の元にやってきた。
生死の境をさまよった彼を、北大陸から来た地下情報網の観察者が助けた。観察者曰く、自分はディルックを長い間「観察」し、そのやり方を認めているとのことだ。
命拾いしたディルックは長い怒りから目覚め、自分のやり方を見直すことにした。その後、彼はその地下情報網に加入した。
騎士団に入った頃のように、ディルックは最も真剣な態度で全てに臨み、自身の天賦の才で情報網の上層部に近づいていった。
地下情報網では、自ら名誉や身分、名前すら捨てた戦士はいくらでもいる。彼らと長く過ごしたディルックは、父親の死で打ち砕かれた信念を取り戻すことはできるのか…?
キャラクターストーリー5 「始まりから終わりまで忘れない」——この言葉の背後の物語については、たくさんの見解がある。だが、ディルックにとってそれは一つの単純な意味だった。
「すべての罪悪を駆逐する。
凡庸の人生だが使命を忘れるな、真のアカツキはまだ来ていない」
ディルックの一人旅は3年も続いた。
4年後、青年になったディルックはモンドに戻り、家業を継ぎ、「アカツキワイナリー」の新たなオーナーとなった。
4年の間に、イロックは反逆者と認定され、騎士団に粛清された。大団長ファルカは遠征し、新しい副団長ジンが「代理団長」を務めることとなった。
「アカツキワイナリー」のオーナーの帰還は、モンドの一大事になるはずだったが、今回はそうでもなかった。
それは、当時のモンド人の注目の的は全て、裏でモンドを護る謎の「守護者」に奪われていたからだ。
その者は、時折漂う焦げた匂いと夜に閃く赤い影しか確認されていない。
モンド人をずっと困らせた魔物が死体となって、荒野で発見された。指名手配の盗賊が、神像に吊り上げられていた。西風騎士団全員で出動し、倒そうとしたアビスの魔術師がすでに死んでいた…
酒の肴として、この守護者の実績はモンド人の間に広がっていった。そして最近、彼に呼び名がつけられた——「闇夜の英雄」。
傍から見ると、ディルックはこの英雄に好意を抱いていないらしい。この名前を聞く度に、彼は思わず眉間にしわを寄せた。
酒造組合会のエルザーは、真実を知るごく一部の者だ。彼は一度、密かにディルックに聞いたことがある。「闇夜の英雄」に対する嫌悪は、騎士団に疑われないための演技か?
ディルックはいつものように眉間にしわを寄せ、仕方なく答えた。
「名前のセンスがひどすぎるんだ」
アカツキワイナリーのアップルサイダー モンドの酒造業を取り仕切るディルックは、酒が好きではない。
ディルックのリクエストに応じて、「アカツキワイナリー」は数々のノンアルコールドリンクを開発した。それは、酒以外のドリンクを飲みたいモンド人から大好評を得た。
特に「アップルサイダー」と名付けられたフルーツ味のドリンクは、毎月の売上が蒲公英酒に匹敵する程である。
ディルックは酒に対して強いこだわりを持っているため、一般に流通している酒を人前では飲まないと思う人がいる。
また、酒がディルックに亡き父を連想させるため、飲まないのだと言う人もいる。
度重なる質問に、ディルックはこう説明した。アルコールを摂取すると眩暈が起き、「日常の仕事」に支障をきたすから。
しかし、ワイナリーのオーナーにも関わらず、日常の生活でも酒を一滴も飲まない理由とは一体何なのだろうか?
神の目 クリプスの人生には、2つの悔いが残っている。1つは騎士になれなかったこと。もう1つは「神の目」を授からなかったこと。
そのため、ディルックが「神の目」を手に入れた瞬間、彼は自分と父の理想がやっと神に認められたと思った——自分はやっと、父の期待に応えられた。
数年後、ディルックの父は暗い日に亡くなった。「神の目」の中に燃える期待と理想は、あの夜の大雨に消された。
善良な正直者でも、何の前触れもなく亡くなる。正義を守ることとは、所詮こんなものか?
「神の目」は騎士になることと同じだ。何の役にも立たず、大切なものも守れず、ただ見捨てられる。
自分の弱さに気づいた時、「神の目」は邪眼のような厄介物になった。
偽りの美名は必要ない。彼が欲しがったのは、全てを燃え尽くす炎と揺るぎない信念であった。信念だけが、真相を探究する人を呼び起こせる。炎だけが、正義を封印する氷を溶かせるからだ。
モンドに戻った後、「神の目」もディルックのそばに戻った。洗練されたディルックは、父の意志を継いだ英雄になった。毎晩、彼はモンドのために裏で戦っている。
彼は過去を語らないが、否定もしない。
人生の道に迷う人にとって、「神の目」は神から授かった導きの灯りかもしれない。
だが、強い信念を持つ人にとって、「神の目」は力の延長、意志の具現化、経歴の勲章と過去を振り返る標識である。
ストーリー