ウェブ

Sass(サス)とSCSS(エスシーエスエス)CSSをより便利に扱うことができる構文【基礎知識】-STEP1

Sassステップ1

Sass(サス)CSSを効率よく書くことができる言語記法です。

「Syntactically Awesome Style Sheet」の略で構文的に素晴らしいスタイルシート

素晴らしいネーミングセンス。

SassにはSass記法SCSS記法の2種類に分けられています。主に使われているのはSCSS記法

SASS記法とSCSS記法

Sass記法についてはセレクタやクラスの後に{  }がないのが特徴。

最初に作られたのがSass記法(.sass)で、その後に作られたのがSCSS記法(.scss)になり、SCSS記法CSSでよく使う区切り{  }が使えるので、視覚的にわかりやすい作りになっています。

CSS記法

See the Pen CSS記法 by pull-design (@design90806871) on CodePen.

Sass記法

See the Pen SASS記法 by pull-design (@design90806871) on CodePen.

SCSS記法

See the Pen SCSS記法 by pull-design (@design90806871) on CodePen.

この記事では、SCSS記法をメインに特徴を解説します。

SCSS記法を使うのメリット

CSSより記述量を減らせる。

codeを再利用できる。

CSS記法とSCSS記法違い

CSS記法だとHTMLのクラスを順に記述「入れ子構造」でCSSを適応させる方法になりますが、SCSS記法ではその記述が不要になります。

CSS記法
CSS記法
SCSS記法
SCSS記法

小規模のサイトであれば記述量が多くてもさほど支障はないですが、大規模なサイトになると記述量が膨大になりサイト全体の遅延に繋がります。

次の章では、SCSS記法&記号の使い方について解説します。

sass疑似要素アイキャッチ画像
SCSS(エスシーエスエス)CSSをより便利に扱うことができる構文【擬似クラス:hover】-STEP2通常のCSS記述だと上の階層からclass+div+classと指定していきますが、SCSSではdivの部分を&に置き換えて記述できるのでコード数が極力減らすことができます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA