ワードプレス

WordPress管理画面のメニューを消す方法と管理者以外の制限方法とプラグイン制限【WordPress】

WordPress管理画面のメニューを消す方法

初期状態のWordPress管理画面のメニューを削除する方法についてです。

何もプラグインを導入していない場合は下記の画像のようなメニューになっているかと思います。

管理画面のメニュー
管理画面のメニュー

メニューを消す場合はfunctions.phpに下記のコードを記述します。

※すべてのメニューが消えてしまう為、コードを直接編集できる外観はコメントアウトしています。

※すべてのユーザーに適用されます。

function remove_menus(){
  remove_menu_page( 'index.php' );                  // ダッシュボード
  remove_menu_page( 'edit.php' );                   // 投稿
  remove_menu_page( 'upload.php' );                 // メディア
  remove_menu_page( 'edit.php?post_type=page' );    // 固定ページ
  remove_menu_page( 'edit-comments.php' );          // コメント
  // remove_menu_page( 'themes.php' );                 // 外観
  remove_menu_page( 'plugins.php' );                // プラグイン
  remove_menu_page( 'users.php' );                  // ユーザー
  remove_menu_page( 'tools.php' );                  // ツール
  remove_menu_page( 'options-general.php' );        // 設定
}
// 'admin_menu' WordPress管理画面の管理者メニュー
add_action( 'admin_menu', 'remove_menus' );

WordPress管理画面外観テーマファイルエディターfunctions.phpに上記のコードを記述します。

function.php
function.php

コード記述後、更新で外観のみ表示されていればコードは適用されています。

外観のみ表示
外観のみ表示

ユーザーについて

ユーザー別に制限をかける方法。

管理者
administrator
サイト内すべての管理機能を使用できるユーザー。
編集者
editor
すべての投稿を発行、管理できるユーザー。
投稿者
author
自身の投稿を発行、管理できるユーザー。
寄稿者
contributor
自身の投稿を編集や管理はできるが、発行はできないユーザー。
購読者
subscriber
自身のプロフィール管理のみを実行できるユーザー。
ユーザー

下記コードは管理者以外はプロフィール以外は編集することができない制限をかける設定になります。

非表示にする設定は!current_user_can(”)の値にユーザーを追加することで制限することができます。

function remove_menu() {
	if ( !current_user_can('administrator') ) {
	//管理者以外は下記メニューを非表示
		remove_menu_page( 'index.php' );               //ダッシュボード
		remove_menu_page( 'edit.php' );                //投稿
		remove_menu_page( 'upload.php' );              //メディア
		remove_menu_page( 'edit.php?post_type=page' ); //固定
		remove_menu_page( 'edit-comments.php' );       //コメント
		remove_menu_page( 'themes.php' );              //外観
		remove_menu_page( 'plugins.php' );             //プラグイン
		remove_menu_page( 'users.php' );               //ユーザー
		remove_menu_page( 'tools.php' );               //ツール
		remove_menu_page( 'options-general.php' );     //設定
	}
}
add_action( 'admin_menu', 'remove_menu' );

参考例として「編集者」としてログインして編集できる内容がプロフィールのみになっているとコードでの設定はOKになります。

編集者でのログイン画面
編集者でのログイン画面

プラグインの表示制限

プラグインを個別に非表示にする方法。

参考例として「All in One SEO」を非表示するやり方についてです。

プラグイン非表示設定
プラグイン非表示設定

WordPress管理画面All in One SEOにマウスを乗せると、下にURLが表示されるので?page=aioseoの部分のaioseoが「All in One SEO」を非表示するために必要な文字になります。

マウスを乗せて確認
マウスを乗せて確認

remove_menu_page( ‘aioseo’ )functions.phpに記述することで非表示にできます。

function remove_plugin_menu() {
  	remove_menu_page( 'aioseo' ); //All in One SEOを非表示
}
add_action( 'admin_menu', 'remove_plugin_menu' );

↓下記本は自身がこの1冊でWordPressのカスタマイズが身についたお勧めの本です。

一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本
一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本

▪一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本
WordPressの入門書を読みながら一度サイトを制作した方でも、もっと「ああしたい」「こうしたい」というときになって、よくわからなかったり、うまくいかなったりして困った方が意外と多いと思います。自社のサイトを制作するWeb担当者も、お客様の要望に応えるWebデザイナーも、読めば得する一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA