ワードプレス

【2022年版】XML Sitemapsの使い方と設定方法【XMLサイトマップ】

XML Sitemapアイキャッチ画像

WebサイトのSEO対策として、XMLサイトマップは必須となり、Googleの検索エンジンにXMLサイトマップを送信することでインデックス(登録)されます。

Googleにコンテンツの存在を知ってもらわなければ、Google検索結果に表示されることはなく、Webサイトの情報を伝えるために作成するのがXMLサイトマップです。

プラグイン「XML Sitemaps」を使ってXMLサイトマップを自動生成について解説します。

プル

専門知識がなくてもできるプラグインを使ったXMLサイトマップですので難しく考えなくてもいいですね。

XMLサイトマップとHTMLサイトマップ

サイトマップはXMLサイトマップとHTMLサイトマップ2種類あります。

役割がそれぞれありHTMLサイトマップは無くても問題ありませんが、XMLサイトマップは必須となるデータです。

XMLサイトマップとHTMLサイトマップの違いについて

  • XMLサイトマップ:Googleの検索エンジンに登録するWebデータ。
  • HTMLサイトマップ:Webサイト訪問者がページを探すためのWebページ。

↓違いのイメージが下の画像になります。

XMLサイトマップ
XMLサイトマップ
HTMLサイトマップ
HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップは自身でページを作りますが、XMLサイトマップはプラグインで生成します。

XML Sitemapsインストール

WordPress管理画面プラグイン新規追加→キーワードにXML Sitemapsと入力。

このプラグインは何故か1ページ目から表示されない為、右下の矢印をクリックして大体3ページ目くらいにあるのでこのプラグインを今すぐインストール有効化をします。

XML Sitemaps
XML Sitemaps
プル

このプラグインは見つかりずらいので、頑張って探しましょう。

プラグイン競合の確認

All in One SEOのプラグインを使用している場合は、All in One SEOに「競合するプラグインが検出されました」と警告が通知されます。

プラグイン競合
プラグイン競合

この場合は、All In One SEOとXML SitemapsとでXMLサイトマップを二重に生成してしまうことが原因で警告メッセージが表示されます。

競合をなくす方法

今回サイトマップ生成はXML Sitemapsで生成するので、All In One SEOのサイトマップは無効化します。

WordPress管理画面All in One SEOサイトマップ一般的なサイトマップサイトマップ有効化→ボタンクリックで無効化できます。

サイトマップ無効化
サイトマップ無効化

これで、All in One SEOのサイトマップ競合は避けることができます。

XML Sitemapsの設定

WordPress管理画面XML-Sitemapで基本的な設定に移動します。

基本的な設定

「HTML形式でのサイトマップを含める」HTMLサイトマップ形式で不要なのでチェックを外します。

他の項目は初期設定のままです。

  • Notify Google about updates of your site:チェック
  • Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site:チェック
  • サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加:チェック
  • Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it.:チェック
基本的な設定
基本的な設定

投稿の優先順位

「優先順位を自動的に計算しない」を選択。

  • 優先順位を自動的に計算しない:選択
投稿の優先順位
投稿の優先順位

Sitemapコンテンツ

「カテゴリーページを含める」にチェックを入れます。

Sitemapコンテンツのチェックを入れる項目。

  • ホームページ:チェック
  • 投稿 (個別記事) を含める:チェック
  • 固定ページを含める:チェック
  • カテゴリーページを含める:チェック
  • 最終更新時刻を含める:チェック
Sitemap コンテンツ
Sitemap コンテンツ

Excluded Items

自身が設定しているカテゴリーが表示されています。

チェックは入れません。

Excluded Items
Excluded Items

Change Frequencies

Change Frequenciesは更新する頻度の設定になります。

  • ホームページ:毎日
  • 投稿 (個別記事):毎日
  • 固定ページ:毎週もしくは毎月
  • カテゴリー別:毎日
  • 今月のアーカイブ (たいていは”ホームページ”と同じでしょう):更新なし
  • 古いアーカイブ (古い投稿を編集したときにのみ変更されます):更新なし
  • タグページ:更新なし
  • 投稿者ページ:更新なし
Change Frequencies
Change Frequencies

優先順位の設定 (priority)

検索エンジンに通知する優先順位の設定です。

  • ホームページ:0.8
  • 投稿 (個別記事) (“基本的な設定”で自動計算に設定していない場合に有効):0.8
  • 投稿優先度の最小値 (“基本的な設定”で自動計算に設定している場合に有効):0.8
  • 固定ページ:0.3
  • カテゴリー別:0.8
  • アーカイブ別:0.0
  • タグページ:0.0
  • 投稿者ページ:0.0
優先順位の設定 (priority)
優先順位の設定 (priority)

入力がすべて終わったら設定を更新をクリックして設定保存します。

これでWordPressプラグインXML Sitemapsの設定は完了です。

次は、Google Search Consoleに移動してデータを送信する手順になります。

Google Search Consoleでデータを送信

▪ Google Search Console
https://search.google.com/search-console?hl=ja

Google Search Console
Google Search Console

Google Search Consoleにログインしインデックスサイトマップと選択。

サイトマップ
サイトマップ

「新しいサイトマップを追加する」にsitemap.xmlと入力して送信をクリックで、サイトマップが定期的にGoogleに送信されるようになります。

Google Search Consoleの確認項目

送信後、数日たってからGoogle Search Consoleに再度ログインして機能しているか確認をします。

実際の「検索からのアクセス」「Googleに問題なくデータが送信されているか」「モバイル版での文字サイズが正しいか」などを確認することができます。

サマリー
検索パフォーマンス:ウェブ検索からのアクセス解析

検索パフォーマンス
検索パフォーマンス

カバレッジ
レポート全体:有効なページとエラーのページの確認

※エラーがある場合は赤線で表示されており、エラーがあった場合は改善、削除申請をして対応します。

カバレッジ
カバレッジ

エクスペリエンス
モバイル&PC:モバイルユーザビリティの有好&失敗

エクスペリエンス
エクスペリエンス

Google Search Consoleには他にも様々な機能が備わっているため使いこなせるよになっていると便利です。それに加えてGoogle アナリティクスを併用してWebサイトの分析・解析を行いよいサイト設計にすることが大切です。

▪「やりたいこと」からパッと引ける Googleアナリティクス分析・改善のすべてがわかる本 改訂版
データ分析からどのような「気付き」が得られる、また、得られた「気付き」をどのように改善施策に活かせばいいのかを、コンサルタントの立場から見てきた豊富な事例の中から、特に参考になるものを徹底的に取り上げられています。

↓ITに関してしっかり理解したい方は下記の本がお勧めです。

イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室
イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室

▪イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室
ITパスポート受験者のためのやさしいオールインワンタイプの参考書&問題集です。最新の傾向を分析し,出題頻度の高い分野を中心に,イラストや豊富な図解・例え話を駆使して理解しやすく・記憶に残りやすいように説明されている本です。

まとめ

XMLサイトマップのデータ生成と送信は自動でする方法が間違いがなく手間がなくなるので、プラグインを使用したやり方を解説しました。

Google Search Consoleは月一でエラーが出てないかのチェックをすることをオススメします。時折エラーが発生し送信出来なくなってしまう場合もある為、確認を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA