GitHub Desktop

GitHub Desktopでローカルリポジトリの作成とリモートリポジトリについて【Gitバージョン管理システム】-STEP2

GitHub Desktopでローカルリポジトリの作成とリモートリポジトリについて

GitHub DesktopとVSCodeを使ったローカルリポジトリとリモートリポジトリの作り方編です。

GitHub Desktopを使用してリポジトリを作るので、GitHubアカウントが必要になるので、まだアカウントを作っていない方は下記記事を参考にアカウント作成を。

ギットハブデスクトップ
GitHubアカウント作成とGitHub Desktop(ギットハブ デスクトップ)のインストールまで【Gitバージョン管理システム】-STEP1エンジニアなどコマンドに慣れている人はGit Bashの方がGitのすべての機能を利用できるので良いと思いますが、初めてGitを触る人はまず、マウスタイプのGitHub DesktopでGitの仕組みを理解しながらサービスを利用していく流れがいいと思います。Git初心者でもすぐに使えるように、GitHub Desktopのインストールから使い方までを解説します。...

まず、Gitのリポジトリは、ローカルリポジトリとリモートリポジトリと2種類に分けることができます。

リポジトリとは

リポジトリとはファイルの状態を記録する場所で、パソコン内のフォルダを保管庫にする(リポジトリ)イメージです。変更の履歴を記録して残していく仕組みになっています。変更履歴を管理したいフォルダをリポジトリに置くことで、そのフォルダの変更履歴を記録することができます。

リポジトリイメージ
リポジトリイメージ

リポジトリ化すると、フォルダ内に.gitという名前の隠しフォルダが作られます。この.gitファルダがリポジトリの本体です。

.gitフォルダ
.gitフォルダ

ローカルにあるファイルを編集しリポジトリ(.gitフォルダ)に記録、編集してリポジトリに記録するを繰り返してデータの更新をしていきます。

このリポジトリに記録する操作をコミットといい、データを蓄積させていき記録を残していきます。

コミットイメージ
コミットイメージ
コミットイメージ
コミットイメージ

このリポジトリ内のデータを見ることができるのがGitHub Desktopのアプリです。

ローカルリポジトリとリモートリポジトリ

Gitのリポジトリは、ローカルリポジトリリモートリポジトリの2つ。

▪ローカルリポジトリ:自身のPC上に配置するリポジトリで作業は1人。

▪リモートリポジトリ:サーバー上に配置するリポジトリで作業は複数人。

ローカルとリモートリに分けることで、普段作業するファイルはローカルリポジトリに更新データを保存しておき、更新した内容をリモートリポジトリにアップロードしデータをガッチャンコします。

このリモートリポジトリにアップロードすることをプッシュ」といい、リモートリポジトリからローカルリポジトリにデータをもってくることをプル」といいます。

リモートリポジトリのプッシュ&プル
リモートリポジトリのプッシュ&プル

複数人でプロジェクトを進めるときは、それぞれローカルリポジトリを作り、リモートリポジトリのデータと同期(プル)します。

ローカルリポジトリを作成する

ここからは、GitHub DesktopとVSCodeを使ったローカルリポジトリの作成方法についての解説になります。

まずは、GitHub Desktopを使って自身のパソコン内にローカルリポジトリを作ります。

ハードディスク内に新規ローカルリポジトリを作成

リモートリポジトリがない状態からローカルリポジトリを作成します。

GitHub Desktopを起動して、FileNew repositoryを選択。

File→New repository
File→New repository

Create a new repository:新しいリポジトリを作成する

  • Name:リポジトリの名前
  • Description:リポジトリの説明文
  • Local path:保存先のフォルダを選択

入力が終わったら、Create repositoryをクリック。

リポジトリ名
リポジトリ名

左側が修正や履歴が表示される箇所で、右側がリポジトリの状態が表示される箇所になります。

  • Changes:自身がファイルの変更や追記した場合に履歴が表示
  • History:リモートリポジトリの更新状態が一覧で表示

※現在はリモートリポジトリを作成したばかりなので履歴は何も表示されていません。

ローカルリポジトリ作成後
ローカルリポジトリ作成後

.gitフォルダを確認

ローカルリポジトリを作成すると、指定したフォルダ内に.gitattributesファイルと.gitフォルダが作成されています。

GitHub Desktopを開きRepositoryShow in Wxplorerでエクスプローラーを開きます。

Repository→Show in Wxplorer
Repository→Show in Wxplorer

エクスプローラーが開くので、表示☑隠しフォルダすることによって.gitフォルダが見えるようになります。

隠しフォルダ
隠しフォルダ
.gitフォルダ
.gitフォルダ

.gitフォルダは直接編集したりすることはないので隠しフォルダのチェックを外して見えないようにする方が安全です。

.gitフォルダ内
.gitフォルダ内

VSCodeでフォルダを開く

フォルダ内で右クリックCodeで開くを選択。

VSCodeで開く
VSCodeで開く

フォルダ内には.gitattributesのファイルしかないので下記の画像のようになっていると思います。

VSCode
VSCode

ここまでがGitHub Desktopでローカルリポジトリの作成とVSCodeで開く一連の流れになります。

↓下記本はGit&GitHubを理解できる本です。

▪Git&GitHubの教本 第2版 人気講師が教えるバージョン管理&共有入門
実際のワークフローをイメージしながら実践的なGit/GitHubの使い方が身につく「いちばんやさしい」入門書です。新しいGitコマンドやGitHubの機能にも対応したのに加え、知っておくと実務で役に立つ新しい慣習も紹介されています。初めて学ぶ方にも、すでに使っていて知識を整理・アップデートしたい方にもおすすめです。

次の章からは、VSCodeで編集した内容をリポジトリにコミットする方法について解説します。

リポジトリにコミット
GitHub Desktopでリポジトリにコミットについてのまとめ【Gitバージョン管理システム】-STEP3ローカル環境でVSCode編集で保存した内容はコミットするまでリポジトリに影響はでません。この章ではVSCodeでファイル編集→保存→コミットまでの流れを解説します。コミット(commit):追加・変更したファイルをローカルリポジトリに記録すること。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA