ワードプレス

All-in-One WP Migrationアップロードファイルサイズを100MB~10GBに上げる方法【プラグイン】

インポートバナー

ブログを開設して投稿などのデータが膨大になってくると、必ず必要になってくる作業がバックアップです。

自身のローカル環境に毎回データを保存するのは手間がかかるため、WordPressのプラグインを使ったバックアップ方法と復元方法について解説したいと思います。

使用するプラグインは「All in One Migration」です。

また、復元にはファイルサイズの最大サイズが100MBまでとなっているので、この最大サイズを10GB以上に引き上げる方法についても解説していきます。

100mb
100MB
10gb
10GB
プル

使い方やバックアップについて知っている方はもくじ「最大サイズを10GB以上に引き上げる方法」からお読みください。

All-in-One WP Migrationをインストール

WordPress管理画面プラグイン新規追加をクリック。

プラグイン
プラグイン

キーワードに「All in One Migration」と入力し今すぐインストール有効化をクリック。

インストール画面
インストール画面

All-in-One WP Migrationでバックアップ

サイトのデータをローカル環境(自身のPC)にバックアップを取ります。

自身のPCにバックアップデータを保管しておけば、仮にサイトのデータがレンタルサーバーからなくなったとしても、バックアップがあれば復元可能になります。

エクスポート

All-in-One WP Migrationエクスポートエクスポート先ファイルを選択。

なお、ファイル以外は有料になります。

エクスポート
エクスポート

「エクスポート」が完了した後は「ダウンロード」を選択します。

ダウンロード
ダウンロード

ローカルエクスプローラーの「ダウンロード」に.wpressのファイルができています。このファイルがバックアップデータになります。

バックアップデータ
バックアップデータ

このファイルは自身でバックアップフォルダを作成して保管しておくことをおススメします。

サーバーとローカル
サーバーとローカル

バックアップ

「バックアップを作成」を選択で.wpressでファイルが作成されます。

バックアップ
バックアップ

不要になった過去データを削除したり、過去データを取り出したりできます。

All-in-One WP Migrationで復元

バックアップしたデータで復元する方法です。

All-in-One WP Migrationインポートを選択。

インポート
インポート

エクスポートもしくはバックアップで作成した.wpressのファイルをドロップしてインポートします。

インポート中
インポート中

インポートが100%になるまで待ち、「CANCEL」or「PROCEED」と出るので「PROCEED」を選択。

PROCEED
PROCEED

復元中となるので100%まで待ちます。

復元中
復元中

「ブログの準備を完了しました。」と出ますので、これで復元完了です。

完了画面
完了画面

最大サイズを10GB以上に引き上げる方法

現在2022年02月27日時点でのAll-in-One WP Migrationは「バージョン 7.56」になっており、インポートできる最大アップロードファイルサイズ: 100MB.となっています。

この場合だとほとんどのサイトのバックアップデータは100MB以上になっていると思います。

  • 無制限版を購入(有料)
  • 過去のバージョンに下げてインポート容量を上げる(無料)

今回は、「過去のバージョンに下げてインポート容量を上げる(無料)」のやり方について解説したいと思います。

バージョン6.68をダウンロード

All-in-One WP Migrationを事前にダウンロードしている場合はプラグインからAll-in-One WP Migrationの削除が必要です。

過去のバージョン6.68は下記からダウンロードできます。

ダウンロードが完了したら管理画面に戻り、プラグイン新規追加プラグインのアップロードを選択。

ダウンロードファイルアップロード
ダウンロードファイルアップロード

ファイルをドラッグ&ドロップでアップロードできたら今すぐインストールを選択。

アップロード
アップロード

インストールが完了すると新バージョンの更新通知がありますが、ここはスルーします。

アップデート保留
アップデート保留

プラグインファイルエディターの編集

プラグインプラグインファイルエディター選択:All-in-One WP Migrationを選択します。

プラグインファイルエディター
プラグインファイルエディター

constants.phpを選択し、「Ctrl + f」でSearc:(検索)の欄に「Max File Size」と入力しEnterを押します。

constants.phpを選択
constants.phpを選択

ここで重要になってくるのが、コードの書き換えです。

  • 変更前:define( ‘AI1WM_MAX_FILE_SIZE’, 536870912);
  • 変更後:define( ‘AI1WM_MAX_FILE_SIZE’, 536870912 * 10);
// =================
// = Max File Size =
// =================
define( 'AI1WM_MAX_FILE_SIZE', 536870912 * 10);

※コピーペーストではなく自身での入力でないとうまくいかない場合があります。

変更前
変更前
変更後
変更後

変更が完了したら「ファイルを更新」を選択して更新します。

ファイルを更新
ファイルを更新

インポート容量の確認

All-in-One WP Migrationインポートでsizeが5GBになっていれば変更は完了です。

5GB容量
5GB容量

容量の変更

// 5GB
define( 'AI1WM_MAX_FILE_SIZE', 536870912 * 10);

// 10GB
define( 'AI1WM_MAX_FILE_SIZE', 536870912 * 20);

このように最後の数字を変更することによって、インポート容量を増やす事ができます。自分の場合は10GBまでで十分なのでここまでにしていますが、数字をさらに上げればまだまだいけると思います。(そこは自己責任でお願いします。)

動作確認
動作確認

10GBまでのインポートの動作確認し問題なくインポートできました。

All-in-One WP Migrationのアップロードファイルサイズを100MB~10GBに上げる方法は以上になります。

↓データベースやプログラミングの知識を身につけたい方は下記の本をおススメします。

よくわかるPHPの教科書
よくわかるPHPの教科書

▪よくわかるPHPの教科書
やさしい言葉で分かりやすく書かれているので、プログラミングの用語やコードに拒否感がある人でも、すいすい読み進めることができます。プログラミングの本を読むのが気が進まない人にとっても、「この本だけは最後まで読めた」1冊です。

book
created by Rinker
¥2,728 (2022/10/04 18:12:00時点 楽天市場調べ-詳細)

▪詳細!PHP7+MySQL入門ノート(お勧め本)
プログラマとしての道をスタートしようという人やPHPはきちんと学んだことがないという人を対象にし、詳しいコード注釈と図解を使って丁寧にわかりやすく解説されている本になります。

book
created by Rinker
¥3,278 (2022/10/04 08:19:23時点 楽天市場調べ-詳細)
プル

下記内容からは、バックアップでの不具合などがあった場合の対処法について解説します。

レンタルサーバーからバックアップを入手する方法

All-in-One WP Migrationでのエクスポートがうまくいかなかった場合は自身が契約しているレンタルサーバーからWPRESSファイルを入手することができます。

バックアップを作成をクリックしWPRESSファイルを作成します。

この作業でレンタルサーバーのWPRESSファイルは最新のデータに上書きされました。

バックアップクリック
バックアップクリック

このサイトのレンタルサーバーは「ロリポップ」になりますので、ロリポップでの解説になります。

レンタルサーバーにログインする

▪ロリポップ!ユーザー専用ページ

ログインページ
ログインページ

ロリポップにログインしサーバーの管理・設定ロリポップ!FTPを選択。

ロリポップFTP
ロリポップFTP

wp-contentai1wn-backupsを選択。

バックアップデータ
バックアップデータ

ai1wn-backupsフォルダの中にバックアップデータの.wpressとなっているファイルをダウンロードします。

ダウンロードファイル
ダウンロードファイル

エクスプローラーのダウンロードにWPRESSファイルができていたらダウンロード成功です。

ai1wn-backupsフォルダがレンタルサーバーでのバックアップデータ保存場所になるので、覚えておいて損はないと思います。

ロリポップのハイスピードプランなら初期費用0円、月額550円で利用可能です。

ハイスピードプランは速度・安定性を追求したスペックになっているのでお勧めです。

WebサーバーLiteSpeed
ストレージSSD
容量320GB
データベース数無制限
WordPress最速プランNo.1
ハイスピードプランスペック

※無料で10日間お試し期間もあるので良心的ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA