デザイン

イラストレーターとフォトショップのフォント履歴の表示を消す方法【illustrator・Photoshop】

イラストレーターとフォトショップのフォント履歴の表示を消す方法

illustratorやPhotoshopではデフォルトで、一度使用したフォントは上部に表示されるようになっています。

この仕様が自身は不便だった為、履歴を残さない設定について解説します。

フォント履歴
フォント履歴

Photoshopの設定

編集環境設定一般をクリック。

環境設定→一般
環境設定→一般

テキストを選択。

テキスト
テキスト

テキストオプション最近使用したフォントの表示数:10にカーソルを合わせる。

10→0
10→0

10から0に変更してOKをクリックでPhotoshop再起動で適用されています。

illustratorの設定

編集環境設定テキストをクリック。

テキスト
テキスト

テキスト最近使用したフォントの表示:を選択。

表示数:10
表示数:10

100に変更しOKをクリック。

表示数:0
表示数:0

illustrator再起動でフォント履歴が残らなくなっています。

テクニック集

Photoshop操作の基本から応用できるテクニックを下記に記述しています。

▪Photoshopで簡単にレタッチ【テクニック】⇩

photoshopで簡単レタッチ
Photoshopで簡単にレタッチ【テクニック】Photoshopを自由自在に使えるようになるためには「どのように操作するか」に加えて、そのノウハウを自身が「応用できるようになること」が大切で、Photoshopを学習をしていく中で上達していく効果的な方法は「操作内容をアレンジする」基本知識は「Photoshop 10年使える逆引き手帖」でしっかり学べるので、とてもオススメです。...

▪文字組の役立つ基本ルールタイトルの作り方⇩

文字組デザイン3
文字組の役立つ基本ルール|タイトルの作り方【アイキャッチ画像】「ビジュアルが中心」か「読み物が中心」かによってどのような表現をするか考えて制作することがデザインで必要なことと思います。「読み手に伝わるデザイン」「心に残るデザイン」「読みやすい文字間」を制作する上で大切なことは、センスよりも基本ルールとデザインの目的を明確にすることだと考えています。広告バナーやblogアイキャッチ画像を作る際に、自身が意識している文字間や文字組のルールついてまとめました。...

↓下記本は自身がこの1冊でPhotoshopの基本が身についたお勧めの本で、10年以上使えそうです。

Photoshop 10年使える逆引き手帖【CC完全対応】
Photoshop 10年使える逆引き手帖【CC完全対応】

▪Photoshop 10年使える逆引き手帖【CC完全対応】[Mac & Windows対応]
Photoshopの「必修の基本テクニック」から「ワンランク上のプロ技」まで完全網羅して、この一冊でPhotoshopを使いこなせるようになります。

book
created by Rinker
¥2,640 (2022/10/05 01:11:42時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA