ウェブ

VSCodeでPHPファイルを正常に開く方法【コーダー必見】

php-intelephense

PHPの設定をしていない場合、VSCodeでPHPファイルを開くと下記の画像のように設定用のポップアップが右下に表示されます。

設定を開くをクリック。

PHPの設定
PHPの設定

※上記画像が表示されていない場合

ショートカットキーCtrl + shift + psettings.jsonと入力してSettings(JSON)を選択。

検索
検索

settings.jsonをクリック。

settings.json
settings.json

“php.validate.executablePath”: “”,に候補はありません。と表示されています。

候補はありません。
候補はありません。

候補の指定はXAMPP(ザンプ)をインストールして指定する必要があるためブラウザでXAMPPのダウンロードサイトに移行します。

XAMPPをインストール

➡ XAMPPはこちら

XAMPP(ザンプ)
XAMPP(ザンプ)

コマンドプロンプトの場合は下記の入力でで起動する。

C:\xampp\xampp-control.exe
XAMPP
XAMPP

VSCodeのPHP Intelephenseをインストール

VSCodeを起動し拡張機能の検索欄に「PHP Intelephense」と入力してPHP Intelephenseを選択。

拡張機能
拡張機能

PHP Intelephenseをインストールし有効化します。

PHP Intelephense
PHP Intelephense

settings.jsonにPHP候補を記載する

エクスプローラーのphp.exeを指定する必要があるため下記の記述を追加します。

"php.validate.executablePath": "C:\\xampp\\php\\php.exe",

※xamppのphp.exeを違う場所に保存している場合は、php.exeまで指定する記述に変更しなければいけません。

php.exe
php.exe

↓データベースやプログラミングの知識を身につけたい方は下記の本をおススメします。

よくわかるPHPの教科書
よくわかるPHPの教科書

▪よくわかるPHPの教科書
やさしい言葉で分かりやすく書かれているので、プログラミングの用語やコードに拒否感がある人でも、すいすい読み進めることができます。プログラミングの本を読むのが気が進まない人にとっても、「この本だけは最後まで読めた」1冊です。

book
created by Rinker
¥2,728 (2022/10/04 18:12:00時点 楽天市場調べ-詳細)

エクスプローラーからphp.exeを開く方法

エクスプローラーから開く場合はC:\xampp\php\php.exeと入力すると開くことができます。

C:\xampp\php\php.exe
C:\xampp\php\php.exe

▪Visual Studio Code実践ガイド–最新コードエディタを使い倒すテクニック
基本と意外と知らない基本機能からカスタマイズまで。そして拡張機能開発までを扱うVisual Studio Code解説書の決定版です。

book
created by Rinker
¥3,058 (2022/10/04 07:04:41時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA