動画

Premiere Proで再生速度を変更し速度調整する方法【倍速】

Premiere Proで再生速度を変更し速度調整する

動画編集ソフトPremiere Proの編集ソフトで動画を「早送り」「倍速」する方法についてです。

▪基本操作は下記記事を参考に⇩

premiere-pro基本操作
Premiere Proの基本的な操作とモニター・パネルについて【基本情報】Premiere Proは、動画の編集や加工など本格的な映像制作ができるソフトです。ソフトを立ち上げてからの操作や、簡単な使い方と動画の編集で知っておくと良い基本操作などなど。基礎の基礎から、初心者が最初に覚えるべきツールについて解説します。...

Premiere Pro起動

Premiere Pro起動新規プロジェクトをクリック。

新規プロジェクト
新規プロジェクト

プロジェクトの保存先をDesktoに設定→作成をクリック。

作成
作成

動画編集画面に移行。

編集画面
編集画面

動画mp4ファイル

mp4ファイルをドラッグ&ドロップで左下のプロジェクトに入れます。

mp4ファイル
mp4ファイル

右側に再度ドラッグ&ドロップ。

ドラッグ&ドロップ
ドラッグ&ドロップ

倍速(速度調整)

FXの部分で右クリック→速度・デュレーションをクリック。

速度・デュレーション
速度・デュレーション

クリップ速度・デュレーションの速度:100%の数値を変更する。

クリップ速度・デュレーション
クリップ速度・デュレーション

5倍速なら500%にすることで32秒あった動画が6秒に短縮されました。3倍速なら300%に設定します。

※スロー再生の場合は100%以下にするとスロー再生に。

500%に設定
500%に設定

実際の速度を確認する場合はプログラムを選択→再生ボタンをクリックで動画が再生。

プログラム
プログラム

一部を倍速(速度調整)

レーザーツールを選択し、切り分けます。

レーザーツール
レーザーツール

選択ツールをクリックし、空白部分を埋めます。

選択ツール
選択ツール

右側を選択し左側につけて空白間隔を埋めます。

空白時間を埋める
空白時間を埋める

動画保存

mp4形式のファイル保存方法になります。

ファイル書き出しメディアをクリック。

書き出し→メディア
書き出し→メディア

設定項目がいろいろありますが、MP4形式で書き出す場合は「H.264」MOV形式の場合は「QuickTime」を選択します。

H.264
H.264

一部倍速完成(例)

AdobeStock_219826133